スコアで英語力がわかるTOEIC

TOEICは英語の試験の一種で、合格、不合格で自分の英語力を判定するものではありません。リスニングセクションとリーディングセクションの2部に分かれており、そのトータルスコアの10から990点で評価される試験です。2014年のスコアでレベルを大まかに分けると平均スコアは技術部門では452点、営業部門は490点、新人社員は507点、海外部門は697点です。このように他の人の点数に左右されず、自分の受けた点数で評価されるので、前の試験との比較で自分の英語力が変化した事が理解でき、次の試験にモチベーションをつなげる事ができます。最近では社内で公用語を英語にする企業も増えています。英語アレルギーを持っている人も少なくないですが、TOEIC試験を継続して受験することにより確実に英語力を伸ばすことも可能です。そのためには日々の努力が必要で、リスニングに英語のラジオ番組やテレビ番組を視聴したり、英語で日記を書いてライティングの練習をしたりと無料か安く行える英語学習を継続する事が重要です。

TOEICから始める準備

就職活動において大学生が最もアピールしなければならないことは、自分が今まで頑張ってきたことや、どのような人間であるかということです。しかしながら、人柄だけでは、企業は採用してくれないです。そこで必要となってくるのが、様々な資格や点数です。その中でTOEICは手頃な値段で受験が可能で取りやすく、アピールしやすいものとなっています。例えば、学生時代に海外留学をしていた人でも、実際に目に見える形で留学した結果で得たものを証明しなければなりません。その為に必要なものが、TOEICです。もちろんのこと、TOEICにおいて話す能力をテストすることはできませんが、聴くこと、そして文章を読めることを計測することは国際社会で働く人々にとって非常に重要なことです。就職活動や自分の英語能力を試すといったことにおいても、役立つテストです。

TOEICで求められるスキルは何か

TOEICは、英語がどの程度できるか証明するための試験です。この試験の点数次第で、留学ができるかどうか、また就職できるかどうかも違ってきます。非常に重要なスコアになるので、特別な対策を講じて試験に臨むのがいいでしょう。TOEICでは、聞く力と読む力が試されます。ですから、それに特化した勉強を続けていくといい結果が生まれやすいです。海外の大学で授業を受けたときに、それが理解できるかがスコアで判断できるのは素晴らしいことですね。あまりにスコアが低いなら、海外留学をしても無駄になることがあります。まだ国内で基礎勉強をすべきかどうかが、この試験の結果から分かります。学生のうちに受けておくのが望ましいでしょう。社会人になってからなら、TOFLEのほうが利用価値が高いかもしれません。どちらにせよスコアが高いと、就職時には武器にできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

*