TOEICを勉強し社会の役に立ちましょう

転職活動の際、TOEICの点数を履歴書の資格の欄にかけると人事にも英語レベルをわかっていただけますし、なおかつ自分自身の自信にもつながります。やはり今の時代、英語ができないとより良い転職は難しいです。今の企業は海外出店や海外支社、海外子会社、海外の取引先がある等グローバル化しています。インターネットで世界とつながっているため、どんな小さな会社でも、ホームページを英語にするだけで世界の人をお客様にすることができ、商売が成り立ちます。そういった中で、英語ができるか、できないかは重要です。社内に一人英語が得意だという人がいれば、もし英語が必須の取引の場合すぐにひっぱられます。確実に重宝されます。また仕事以外にも近年日本には外国人観光客が増えているので、そういったかたたちが困っている場合助けることができます。英語は勉強して損はないです。

TOEICにはじめて挑戦する場合の注意事項

TOEICは英語のコミュニケーション能力を測定するテストです。英語能力を定量的に評価する手法として一般に認知されていることから、高スコアを獲得することで、様々なメリットがあります。例えば、履歴書の資格欄にスコアを記載することで、就職に有利に働く場合もあります。また、企業における昇進の条件になっていたり、能力開発プログラムの一環として奨励されているケースもあります。毎回、多くの参加者が繰り返し受験しています。TOEIC試験は、200問を2時間で回答する必要があり、スピーディーな対応が求められます。リーディング、リスニングなど問題形式が決まっており、回答指示は英語で行われ、マークシート形式回答を行ないます。事前に、一連の回答形式に慣れておくと有利です。定期的に受験することで、英語学習のスキルアップの程度をしることができますし、学習目標を立てる上で励みなるという効果があります。

TOEIC初心者目標とする600点突破勉強法

TOEIC初心者ほどスコア目標を掲げて学習を進めることをお勧めします。1つの目標としては600点を設定してみましょう。試験ですのでやみくもに英語を勉強するだけでなく、戦略的に傾向と対策を練っていくことでスコアアップを目指すと効率的です。試験の形式をまず知りましょう。前半はリスニング45分です。会話、ナレーションなどの英語が実際にスピーカーから流れ、解答指示も英語で行われます。次にリーディングが75分です。解答スピードが求められ、確実に得点できる問題を事前に研究しておくことが重要です。600点突破を目標に、最短で結果を出すためには、リスニングを強化することです。学習効果が出やすいため、シャドーイングやディクテーションなど学習メソッドを使って、スキルを磨いていくことをお勧めします。また、問題傾向としてビジネスシーンを前提とした出題傾向がありますので、過去問などを利用して慣れておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

*