TOEICで700点を取る為に

国際化社会に向け、英語力を客観的に図ることができるのがTOEICテストです。その点数により、自分がどの程度の英語力を有しているのかをアピールすることができますので、ビジネスではTOEICの受験は必須のものとなりつつあります。ビジネスで英会話が問題なく出来るというレベルは、おおむね700点以上の点数をとることが目安となるでしょう。つまり、これからTOEIC受験に向けて勉強する人は、700点以上をとることを目標にしなくてはいけません。700点以上を取る為には、独学での勉強は難しいと言えますので、英会話学校などで学ぶのが早道となるでしょう。近隣に英会話学校がない場合でも、現在はオンライン上で英会話の授業を受けることができるサービスもあります。ネットカメラとマイクを使って、自宅で授業をうけることができるのは、忙しいビジネスマンにとってありがたいサービスですね。

世界に通用するTOEICテスト

TOEICとは、英語を使って人とコミュニケーションを図る能力がどのくらいあるかを知ることができる、世界共通のテストです。ビジネスでますます国際化が進む現在では、英語力は必須スキルと言えるでしょう。TOEICのスコアは、自分の英語力を客観的に証明してくれますので、高いスコアを持っている場合には就職や転職などに有利に働きます。就職をした後でも、企業によっては昇級や昇格、さらには海外派遣などにはTOEICの一定以上のスコアを持っていることが条件というところもありますので、就職時だけではなく、全ての人が受験して良いテストと言えます。国際ビジネスコミュニケーション協会の統計によると、企業で求められるスコアは600点以上というアンケート結果がでていますので、これから受験を志す人は、まずは600点を目標にするべきでしょう。

効果のでるTOEIC受験対策

TOEICを受験するにあたり、特別な対策が必要かどうかを迷われる人がいます。日常で英語に触れる機会が多かったり、帰国子女や留学経験者など、試験にかかわらず英語力のある方も多くいらっしゃるからです。ですが、英語力のある方であっても、事前に出題形式には慣れておきたいところです。それは日常で使う言葉であったとしても、試験という形で出される以上、何らかのフォームは存在するからです。問題で使われている英語の意味はわかっても、試験のやり方にとまどってしまい、結果的に自分の実力が発揮できない場合もあります。また、限られた時間内で多数の問題が出題されるため、スピード感も把握しておいたほうが良いでしょう。TOEICの公式ページにはサンプル問題も公開されていますので、それを参考にするのも良いでしょう。また、市販のテキストなどでも試験のポイントが記載されていますので、ポイントをおさえておくのも有効ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

*